アボカド色長屋(台湾訪問記 24)
b0021570_20381240.jpg


バスの中でカメラを構えて窓に貼り付き、通り過ぎて行く風景を次々に記録して行く。
デジタルなら気軽にバシバシ撮れるが、フィルムなのでかなり真剣勝負なのである。
しかも、日本から持ってきたフィルムはこれで最後なのだ。
カウンターを確認すると残すところあと10枚ちょっと。
どこかでフィルムを買わなければ・・・。
売ってなかったらどうしよう?
by jptrad | 2009-12-12 20:44 | Comments(2)
Commented by 魔王^^ at 2009-12-13 07:29 x
はははこの色の長屋はちょっと面白いかもです^^
まず日本では考えられないカラーかも知れないですね。
まぁ最近日本では個性的な色も建てられているので
もしかしたら台湾の方がお洒落先取りをしているのでしょうか(笑)

フィルムだけしか持っていかない jptrad さんがまた
素晴らしいです(笑)
自分であればまず両方持っていくと思うので(爆)
Commented by jptrad at 2009-12-13 10:29
魔王^^さん、
よく見ると同時に建てたひとつの長屋ではなく、ひとつひとつ色も形も違います。多分別々に建てた別々の家なんだと思います。でも全体としてひとつの長屋みたいに見えてしまいます。高さや形を隣に真似て作るという習わしがあるのかも知れません。
<< 台湾廃カラー(台湾訪問記 25) 大阪次郎(台湾訪問記 23) >>