32年間の付き合い
b0021570_20161549.jpg

iPhone 3GS

その後、グレコのレスポールEG900も音出ししてみた。
フロント、リアともボリュームつまみが全くまわらない。
その状態でアンプに繋いでみると、音色とパワーの感じはフロント側は全開状態で固まっているが、リアは全開が10として7~8あたりの雰囲気だ。音自体はディマジオ・パフは健在!これはヴォリュームのポット(部品の呼び名)を取り換えて正常な状態にしてあげなくては勿体ない。
しかし考えてみれば、このレスポールはワタシが18才の頃から愛用しているギターなので・・・なんと32年選手。30年以上も経てばポットもイカレるってもんだね。
先日、本物のギブソン・レスポール・スタンダードを楽器屋さんで触らせて貰った。(なんと生まれて初めて本物触った。)・・・が、ウチのグレコのほうが重くてビックリしたのだ。細かくディテール見ても作りは本物に負けてないし・・・。というよりも本物よりも高級感があったりして。グレコすげー!と思わず再認識なのであった。
というわけで、今度ポット2個買ってきて修理しようと決めたのであった。自分で修理すれば部品代のみで済むもんね。たぶん1個1000円くらいかなぁ・・・?

写真はこの前行ったリサイクルショップの楽器コーナー。エレキのカオス。
by jptrad | 2010-09-07 20:17 | Comments(0)
<< カオスなウルトラマン CANON F-1 試写#8 >>