鰯のソテーと野菜の蒸し煮トマトソースがけ
b0021570_137143.jpg



最近は結構ひんぱんに料理を作っている。
食材を見たりおいしそうなレシピを発見したりすると作ってみたくなるのだ。
でも、レシピはあくまでもインスピレーションの素材なので、そのときにある材料と思いつきでかなりアレンジしてしまう。

というわけで、今回作ったこれは大変おいしくできたので(自分が忘れないために)アップしておこう。


我が家では「生活クラブ生協」に加入しているので安心して食べられる食材が毎週届くのはホントにありがたい。
生活クラブの冷凍いわしがあったのでこんがり焼いて大根おろしと醤油で食べようと思ったのだが、いつも同じじゃ芸がないので今回はワインにも合いそうな一品を作ってみようと思い立ったのだ。


1,まず、ソースを作っておく。トマトをざく切り、タマネギをみじん切り。ニンニクもみじん切り。

2,小さい鍋にオリーブオイルを引いてニンニクを炒め香りを出す。

3,続いてタマネギを投入して弱火でじっくり炒める。今回はちょっと炒め方が足りなかった気がする。こんがりきつね色になるまで炒めた方がよかった。

4,トマトを加えて塩コショウして水分が半分くらいになるまで煮詰める。最後に隠し味にハチミツをちょっとだけ入れてソース完成。

5,冷凍鰯を自然解凍。今回は半解凍程度だったが全く問題なかった。ソースを作る前にテーブルに出しておいた。

6,いわしを軽く水洗いして鱗が残っていないかチェック。ペーパータオルなどで表面の水分をざっと拭いておく。

7,いわしに小麦粉をまぶして、ニンニクで香りを出した多めのオリーブオイルでソテーする。片面がパリッと焼けたらひっくり返して、たまねぎ、パプリカ、赤ピーマンなど、野菜を投入。塩、コショウしてバジルやローズマリーなどのハーブを少々ふりかけ、少量の水(あれば白ワイン)を廻し掛け、蓋をして5分程度蒸し煮にする。

8,最後の仕上げにみかんジュース(生活クラブの”温州みかんジュース”使用)を少し廻し掛けて蓋をし、1~2分加熱。作っておいたソースが冷めていたら暖めておくことも忘れないように。

9,皿に盛りつけてトマトのソースをかけて完成。


文にすると長くて面倒なかんじだけど、要するに魚に小麦粉まぶしてオリーブオイルでソテー。
適当な野菜を追加したらワイン又は水で蒸し煮。
ハーブとか香辛料で香りつけして味自体は塩のみ。
最後にオレンジジュースなどでひと加熱。
トマトとタマネギのソース掛けてどうぞ。
by jptrad | 2012-10-02 13:15 | 料理 | Comments(4)
Commented by nezumineko at 2012-10-08 22:33 x
えらいなー。
見習いたいです。
こちらは、ミカンジュースが充実しているけれども。
Commented by jinsei-rarara at 2012-10-12 08:01
おいしそー
いただきまーす
\(^o^)/
Commented by jptrad at 2012-10-13 12:25
nezumineko さん、
蛇口をひねるとみかんジュースが出るってホントですか?
意外と料理に使うと結構はまりますよ、みかんジュース。
Commented by jptrad at 2012-10-13 12:27
jinsei-rarara さん、
どうぞー。(笑
あ、夕べは麻婆豆腐作りました。食べ過ぎました。
<< 猫のブルース、逝く 雨のひまわり >>