お茶の水の豚丼
b0021570_10424483.jpg

iPhone4S


昨日の定休日、お茶の水の大きな病院に妻のリューマチの検査の結果を聞きに行った。
結果はまずまずで、一安心。
・・・で、診察等すべて終わってお昼。
前回行ったときにインパクトのある店名に思わず写真を撮ったこの店に行ってみた。
「豚野郎」である。
お茶の水の飲食店を出かける前の日にネットで調べていたらあの勝間和代さんがご自身のブログでこの店のことを書いていたので興味を持ったというわけ。
狭い階段を3階まで上ると10席ほどの狭い店舗。
席はすべて埋まっていて、一人待っている人が・・・。
食券を買って並んで待つ。
しばらくして順番が来てカウンター席に座る。
ちょうど目の前、ガラスで仕切られた向こう側でお兄さんが一生懸命肉を焼いている。
そして、出てきたのがコレ!

b0021570_110812.jpg


炭火でガガガっ!と焼いて巨大なガス炊飯器で炊きたてのご飯にダダダっ!っとカットして供される。
味は醤油と味醂と砂糖のみか?
非常にシンプルながらこってりとしたタレが炭火焼きの豚肉に良くマッチして大変おいしく頂けた。
オーダーしたこの豚丼はサイズ「中」の物。
ご飯400g、肉200gで税込み700円。
妻は「小」500円。
リピートしたくなるうまさであった。

ちなみに「大」は・・・
by jptrad | 2014-04-08 11:07 | 料理 | Comments(2)
Commented by debu8219 at 2014-04-08 19:10
うわぁ食べたいっす(笑)
中でご飯400グラムに肉200グラム…
なら大は一体どれくらいの量なんでしょうか!?
偉い気になりますw
Commented by jptrad at 2014-04-09 11:00
魔王さん、ここはお勧めですよ!並んで待つかいがあります。大はご飯500g、肉250gらしいです。
勝間和代さんは「せっかくだから」とか言って「大」注文したらしいです。
僕は普段から小食な方なので「中」で食べきれるかなと思ったんですがぜんぜん苦もなく食べきりました。うまくて箸が進む進む・・・って感じです。
<< 劣化したもの 撮影済みのまま忘れられていたフ... >>