神社の鳥居を撤去
b0021570_1125392.jpg

b0021570_1171374.jpg

Nikon FE Arsat F2.8/20mm

またも地元ネタであるが、今度は別の小さい神社の鳥居を解体したのだ。
この鳥居は立てて15年くらい経つであろうか・・・。
蟻にやられて内部はボロボロである。
因みにこれを建てたときも自分達でやったのだ。
素人でも集まれば大概のことは出来てしまうのだ。

解体の前にお経を上げる。
”神仏習合”の名残であろうか、この神社はお寺の敷地内にあり、神事の祭には住職が般若心経を唱える。

因みにこのお坊さん、若い頃は髪を金髪に染め、でかいバイクを乗り回してかなりイケていたということだ。まだ髪を染めることが流行るずっとずっと前のことである。
by jptrad | 2006-07-20 11:30 | Comments(2)
Commented by きえふにいさん at 2006-07-20 12:52 x
こういうのは地の利と地元のネットワークがある
つかちゃんならではの写真だなぁ。
あたしらは撮れないもの。
おかげさんでええもん拝ませてもらいましたわ!
(どこの言葉だ?)
Commented by つかちゃん at 2006-07-20 22:58 x
きえふにいさん、
鳥居撤去はもうちょっと続きますヨォ~。
でも、写真ばかり撮って作業しないとみんなに申し訳ないんで、あんまり撮れなかったのが残念。
<< 鳥居をついに・・・ 夜の散歩 >>