真昼の大惨事
b0021570_1430829.jpg

Asahi Pentax MX Auto-Takumar F2/55mm

神社の参道の途中に陸橋があり、下を線路が通っている。

こんな陸橋だ。
b0021570_1430261.jpg

Asahi Pentax MX Auto-Takumar F2/55mm


写真とはぜんっぜん関係ない話。
さっきお昼にうどんを茹でた。
で、めんつゆにはいつも七味を入れるのだが・・・

「あ~~~!!」

妻が素っ頓狂な声を上げるので見たら、妻は飲みかけのコーヒー(しかもわざわざスタバで買ってきた豆でいれた上出来のコーヒー。)の中にたっぷりと七味を振ったところであった。

「だって、めんつゆと似てるんだもん。」

「どれどれ、・・・・・・・・・(味見)・・・・・・・・・・うーむ、全くコーヒーとは思えない味だ。」

(大爆笑)

「いや、なんでめんつゆがスタバのコーヒーカップに入れてあるのかなとは一瞬思ったのよ。」

(大大大爆笑)

もうちょっとで鼻からうどんが出る大惨事になるところだったのだ。
by jptrad | 2006-10-03 13:58 | Comments(14)
Commented by indy136 at 2006-10-03 15:45
>めんつゆと似てるんだもん
・・・って事は、店長の奥様は、ブラックなんですね(^^)
いやでも七味スタバって新しいフレバーですね(笑)あ、、すみません・・・鼻からうどん・・・でしたね(^^;;

今回も味のある写真ですね~・・・

リンクの件ありがとうございました(^^)
Commented by きえふにいさん at 2006-10-03 19:25 x
電車の写真いいじゃないのー。
電車がはっきり見えなくて線路が光っていて。
露出計の精度はネガで撮るなら気にしないで
OKでしょ。

でも、たまにはポジでも使ってみな。
色のクリアさにびびるから。
古いローコントラストなレンズをハイコントラストな
フィルムで相殺するわけ。スキャンもポジのが
しやすいしね。
Commented by 443z at 2006-10-03 19:48
そのトンネルからうどんが出てくる映像が浮かびました。
Commented by Pombo at 2006-10-04 06:08 x
あはははは!店長と443zさんに座布団三枚!
Commented by maou2929 at 2006-10-04 07:08
はははそんな事って時々有りますよね^^自分もやまかけ(とろろとまぐろの合わせたもの)に平気でソースを掛けて・・・・お店の人に「それソースだよ!!」って言われて(泣)変えてあげると言われたのですけど悪いと思いそのまま食べました(汗) きっとうどんを食べていたので勘違いをしたのでしょうねぇ(笑)
一枚目のカット凄くいいですねぇ^^
Commented by jptrad at 2006-10-04 18:06
indy136さん、
そうです、ワタシも妻もコーヒーはブラック。しかもロースト深めの苦みの強いヤツが好きなんです。
七味入りのコーヒーは知らないで飲んだらなんだかわかりませんよ。なんか、薬草を煎じた辛い水薬みたいでした。案外飲めます。(嘘
あ、写真、味があります?まさか七味アジだったりして・・・。
Commented by jptrad at 2006-10-04 18:10
きえふにいさん、
うん、露出計はいざとなったら無視しますからぜんぜんオッケーです。
おお~、きえふにいさんにも褒められた、嬉しい~。
ローコントラストなレンズをフィルムで相殺、なるほどね~。
よっしゃ今度はポジ入れてみるぞ!
Commented by jptrad at 2006-10-04 18:15
44さん、
笑いました。大爆笑です。
ぜったい芳さんならそう言うだろうと思ってました。
ワタシもそう思ったからです。
いや、見事に期待通りのリアクション!(感涙)
Commented by jptrad at 2006-10-04 18:17
Pomboさん、
おお~、カーニバル色の座布団ありがとうございます。
立ち上がって踊るとコケそうです。
Commented by jptrad at 2006-10-04 18:22
maou2929さん、
ウチに昔来ていた従業員のオバチャンは、急須にお湯を注いで急須の蓋をポットの上に乗せたので何をしてるのかと思ったら、そのままのカッコウで固まって肩を震わせ声を出さずに大爆笑していました。
Commented by いちかわつねぐす at 2006-10-05 03:11 x
3歳くらいの頃に大阪の都心から、周辺は水田とたまねぎ畑しかない泉南のど田舎に、両親とともにひっこしたのですが、未だに不思議でしようがないことが、その村ではごく当然に行われていました。もしかすると関西限定品かもしれませんが、ホームランバーとういうバニラアイスがあったのを御存知でしょうか。その村の老人・老婆たちは、そのバニラアイスの表面が真っ赤になるほど七味唐辛子を振りかけて、ヒーヒーハァーハァーそれはそれは辛そうに食べていました。
Commented by jptrad at 2006-10-05 13:09
いちかわつねぐすさん、
おおー、今度はひらがなネーム?
”ホームランバー”ありましたねー。アイスの棒に”ホームラン”と焼き印が押してあるともう一本もらえたんでしたよね。”ヒット”3本集めるともう一本ってのもあったような無かったような・・・?その辺は定かではありませんが・・・。
って、それに七味ですかっ?!
いちかわさん、それは周りの大人に担がれたのでは~?
それともピンポイントで流行ってたのかなぁ・・・。
Commented by いちかわつねぐす at 2006-10-06 04:41 x
いえ、担がれていた訳ではないと思います。「そんな莫迦な」と確かに当時は、私の母親は私の話に取り合ってくれなかったですが、何しろ厠がちゃんとあるのに、裏庭に置いてある桶にまたがって、老婆たちが用を足すような田舎の村のことですから、アイスクリームなど西洋のハイカラな食べ物は、その食べ方が分からなかったというのが真相だと信じていますが如何でしょうか。
Commented by jptrad at 2006-10-06 17:32
いちかわつねぐすさん、
そうですかー、食べ方がわからなかったとするときっと誰か知ったかぶりの爺さんとか居たんでしょうね。
「これは七味かけて食べるのがホントなんじゃ」
とかなんとかバァさん達の前でええカッコしようとしたんでしょう。
<< 明日館にて 天然モノクロの時間 >>