無粋
あまりに途中で引っかかってしまって目的地になかなかたどり着けなかったが、やっと結婚式の写真なのである。
「おっ、もうすぐ指輪交換だ。そうだ、入り口近くの低い位置から向き合う二人をねらって逆光気味で行ってみよう・・・。で、モノクロ!モノクロにレタッチするといいかも・・・。」
そう思って自席を立ち、ねらった場所に腰を落としカメラを構えた瞬間、式場専属のカメラマンが立ちふさがったのである。
カメラマンはこの至近距離で指輪交換の手元のみをデジタルEOSで延々撮り続けた。
一瞬でもどいてくれないかと思い、ずっとカメラを構えた体勢で待っていたがついに最後までこのままであった。

b0021570_1114113.jpg

Fuji Cardia Travel mini II Dual-P



ランキングは今、108位。煩悩の数か・・・。
  ↓
by jptrad | 2008-03-15 11:16 | Comments(4)
Commented by tabikiti at 2008-03-15 14:18
その道のプロならば、粋な仕事ぶりをと云いながら
自分も無粋かもと自問自答してしまう、気をつけねば。
5月末に私も姪の結婚式が控えておりまする。
Commented by jptrad at 2008-03-15 15:57
tabikitiさん、
五月の結婚式ですか、いい季節ですね~。
ワタシは結局これ以降は写真よりも飲んだり喰ったりに専念しました。
だって、撮ろうと思った場所にあのカメラマンがいつもいるんだもん。
Commented by takemaru-01 at 2008-03-16 09:26
残念ですな。
ある意味、おもしろい写真なんですけどね、、。
Commented by jptrad at 2008-03-16 10:36
takemaru-01さん、
どうせならこのカメラマンをメインに撮っても面白かったですね~。
<< 見守られて・・・ ”マルフク・ウォール”再び >>