カセットテープのデジタル化に挑戦(後編)
カセットの音源をmp3に変換する手順。

1、サウンドボードのLineとカセットデッキのOut Putをコードでつなぐ。
2、レコーディングソフトを起動。私の場合は前から持っていた古いソフト、B's Recorder Gold5。
3、B's Recorder Gold5のダイレクトカット機能を使いカセットの片面を1ファイルとしてwavファイル化する。
4、YAMAHA TWEというフリーソフトで録音レベルをノーマライズする。
5、同じくTWEを使い曲間ノイズをカット。
6、Wave Splitterというフリーソフトを使い1曲づつにファイルをカットする。ソフト任せにすると曲の余韻もなく切れていきなり次の曲がかかったりするので特にエンディングは少し無音の部分まで余裕を持って残すように微調整する。
7、CDexというこれまたフリーソフトをつかって全部まとめてmp3ファイルに変換。
8、iTunesで曲名、アルバム名、アーティスト名などのデータを入力。

・・・というわけで、やってみると結構たいへんなのだ。

写真は本文とは全く関係なし。
最近3600円で手に入れた、ズームが壊れて広角(35ミリフィルム換算で28mm)専用となっているRICOH Caplio G4 wideで一昨日撮影したもの。
ジャンクだが、充分使える。

b0021570_16524934.jpg

RICOH Caplio G4 wide
by jptrad | 2008-04-18 16:53 | Comments(2)
Commented by H.O at 2008-04-21 14:09 x
店長、なかなか面白い事してますね~いいな~(^^
そうそう、先日こちらのFMラジオ局(http://www.rock101.com/)で日本のレーザー・レコードプレーヤーを紹介していました。
僕は、知らなかったのですが実は、既に10年前からあってカナダでもそのプレーヤーが何も問題なくそのまま使われていると、日本から来た技術者の方がお話していました。

レコードに傷があったり曲がっていても綺麗に再生してくれるそうですね。
いや~さすが日本の音響技術!!って唸っていました(^^
店長が買ったカセットデッキもいいですね~僕は、昔AKAIのデッキそしてYAMAHAのアンプを使ってました(^^

それから僕は、Caplio G4 wideの前のモデルにあたるRXって言うのを使っています。液晶は、ちょっと見にくいですがなかなか頑張ってます(^^
そしてズームは稼動しますが僕は、基本的にズーム使わないんで要らないんですよ(笑
あ、、このカメラも頂き物なんです(^^;;
Commented by jptrad at 2008-04-22 11:36
H.Oさん、
レーザーのレコードプレーヤーって開発されたのは聞いたことがありましたがいつの間にか市販されていたんですね!知りませんでした。
ワタシも数年前までAKAIのデッキでした。で、アンプはサンスイ。その前はYAMAHAも使っていた時期がありました。
今ではデッキも壊れ、アンプも壊れ・・・、あ!そう言えば今使ってるAVアンプ、このデッキと同じパイオニアだった。
Caplioですが、ズームはワタシもほとんどいらないのですが、壊れたままっていうのもナニかなと思って修理の見積に出したらなんと16000円と言われて修理はあきらめ広角専用ということにしました。
<< 埋葬の儀式 カセットテープのデジタル化に挑戦 >>