灯台の夜
定休日と満月が重なった日、ネットで千葉県犬吠埼の月の出の時刻を調べて銚子へ向かった。
水平線から月が昇るのを見たかったのだ。
日中はよく晴れた日だったので期待して出かけた。
ほぼ時間通りに到着し、犬吠埼灯台の下に車を止め、三脚とカメラを持って崖の上に立った。
月の出の時刻を過ぎたはずなのに月はまだ出ていない。
さらに5分ほど過ぎ、おかしいなと思いはじめた時、妻が沖を指さして言った。
「もしかして、あれじゃない?」
よく見ると水平線より少し上あたりに何となく微かにぼんやりと赤い色が見える。
海上に靄が掛かって月はほとんど隠されていたのだった。
月を撮るのはあきらめてライトアップされた灯台を2カットだけ撮り帰ってきた。
後日、現像が上がったフィルムをスキャンしながら思った。
思えば今まで昼の灯台しか撮ったことがなかった。
夜こそが灯台にとってそのアイデンティティーを示す時間なのだった。
今度は夜の灯台を撮るために出かけよう。

b0021570_1937331.jpg

BessaR3A + Summicron-C F2/40mm
by jptrad | 2008-06-20 20:14 | Comments(4)
Commented by zuk044 at 2008-06-21 11:40
この灯台かっこよさそうだなー、白くておいしそうだし。
世の中にはあんましかっこよくない灯台もあるんだよね、
どうせなら「さすが灯台、泣けるぜ!うみねこが震えているぜ!」みたいなのをたくさん作って欲しいのだ。
演歌?
Commented by jptrad at 2008-06-22 13:38
zuk044さん、
これはカッコイイよ~。つうか、美しいです。
あぶったイカがよく似合います。
Commented by きえふにいさん at 2008-06-23 10:54 x
月はいいね。自分も撮りたいとたくらみ中。
犬吠埼って、いつ行っても天気が悪いんだけど気のせい?
Commented by jptrad at 2008-06-25 09:41
きえふにいさん、
え?犬吠埼、ワタシが行くときはいつも天気いいよ?
あ、逆だ。天気がいいと犬吠埼に行きたくなるからか・・・。
<< いつか吹いた風の記憶のような光景 やっぱいいわ、ズミクロン。 >>