老人っすか?
見事に帯状疱疹「ビンゴ」であった。
処方された薬はバルトレックス錠という薬で、ウィルスによる感染症に効果があるとのことだ。
ということは抗生物質なのか?と思ってネット検索してみたらそうではないようだ。
帯状疱疹は水痘のウイルスが再活性化し神経細胞を刺激するということらしい。だから痒かったり痛かったりするというわけだ。
子供の頃水ぼうそうをやってそれから何十年も息を潜めていた水痘ウィルスがなぜ再活性化するのか?
ストレスや心労、老齢、抗がん剤治療・日光等の刺激などにより免疫力が低下すると再活性化するとのことだが、だいたいは老人がかかる病気らしい。
老人だって、あはははは・・・はぁ・・・。ショック。
この薬を飲んで症状が治まったということはやっぱり帯状疱疹であったということなのだろう。
やれやれ、あとは4日のMRIじゃなぁ。

b0021570_1255976.jpg

Bessa-R + Jupiter-3 50mm/F1.5
by jptrad | 2008-09-02 12:52 | Comments(8)
Commented by tabikiti at 2008-09-02 13:15
こんちは
ここ数年、免疫と云う言葉に敏感です。
先月の誕生日に中学生の姪っ子に誕生日のプレゼントを貰いました。カードが入っていまして、・・・・長生きしてね。
ってメッツセージが書いてありました。
老人っすか? 
Commented by jptrad at 2008-09-02 17:33
tabikitiさん、
「長生きしてね」ですか・・・。
うーむ、嬉しい反面ちょっと複雑ですね、それは。(笑)
たぶんそれは tabikitiさんが大きな手術をしたということがあるから純粋にそんなメッセージをくれたんでしょうね。
でも「いつまでもお元気そうでなによりです。」なんて言われたら完全に老人ですな~。
そういえば初めて小さい子から「おじさん」といわれた大学生のあの日のことは今でも鮮明に覚えています。
Commented by rothaus1791 at 2008-09-02 17:55
岩波の国語辞典には、中年というのは青年と老年のあいだの40歳前後のことだとあります。ツカさんも私も50歳ちょっと前だから、四捨五入で老年に入りますね。私など髪の毛がちゃんと生え揃っていた大学1回生の頃に、街中で商店主に「御主人!」などと声をかけられてショックだった思い出があります。
Commented by zuk044 at 2008-09-03 00:09
確かにうちのじいさまもじいさまになって帯状疱疹をやりました。
つかじい、なかなかよい響きじゃないですか。
Commented by きえふにいさん at 2008-09-03 13:19 x
うー、帯状疱疹! 痛そう! 職場でも「あいたたた」と罹患した人がいたことがあるので、ありゃあ大変そうです。お大事に。私はメタボのほうに……怖くて今年は検診に行っていない。太った自覚があるので、気が重い。
Commented by jptrad at 2008-09-03 23:13
rothaus1791さん、
ぐごごごご・・・、老年か・・・。
四捨五入すると100ですもんね。
死ぬ前に思いっきり写真撮ろうっと・・・。
Commented by jptrad at 2008-09-03 23:16
zuk044さん、
いや、マジで「つかじい」と一部の友人から呼ばれていた時期がありましたよ。なつかしいなぁ・・・。
20才くらいの頃でしたけどネ。
Commented by jptrad at 2008-09-03 23:18
きえふにいさん、
それがね、もう全然痛くないんです。
医者も「ビミョ~」という程の早期に薬を飲んだせいか、もうすっかり直った気分です。
<< 人生初MRI 帯状疱疹だった模様 >>