廃テイスト海岸通り 2
車を路肩に止めて外に出ると歩道の左側が一面葛の葉が蔓延っていた。
私の地元ではススキはもう探さないと見つからないほど少なくなってしまった。
ススキが生育するのに適した場所はある時突然という感じでセイタカアワダチソウに取って代わられた。
そして、ここ数年でセイタカアワダチソウの牙城を崩し、ものすごい勢いで勢力を伸ばしているのがこの葛なのである。
葛の葉に埋もれるようにブロック壁の小屋が健気に佇んでいた。
比較的近年に建てられた小屋らしい。
「3匹の子豚」の煉瓦の家ではないが、この調子ならもうしばらくは葛の猛威にも耐えられるだろうか。
しかし、目的の被写体はもちろんこれではない。この位置で振り返るとその物体が燦然とオーラを発しているのである。(つづく)
b0021570_1025626.jpg

Nikomat FTN + Arsat-N 50mm/F2 + Fuji RVP100
by jptrad | 2008-10-06 10:56 | Comments(4)
Commented by henry66 at 2008-10-06 11:52
葛が比較的おとなしい姿をしている冬の間に、その根に毒を塗る日雇い仕事をしたことがあります。私にとってはみじめな思い出ですが、こうして写真で見ると葛の生命力にはやはり感嘆してしまいますね。
Commented by jptrad at 2008-10-07 01:49
henry66さん、
私のトコみたいなブログに書き込み頂き、驚くやら嬉しいやらです。ありがとうございます。
冬の間に「毒を塗る」ですか、惨めとお思いかも知れませんがそれはある意味貴重な体験でしたね。私はそう思います。
しかし、そうでもしなければあいつらときたら・・・まったく。
ウチの実家のボロ家にもこいつらが来てるんですよ。
ほんと困りものです。毒を塗ってやりたいです、是非とも。
Commented by maou2929 at 2008-10-11 10:39
う~~~ん引っ張りますね(笑)
この葛の猛威は凄いですねぇ
あっという間にジャングルですねぇ(笑)

小屋マニアだったとは知りませんでした(爆)
Commented by jptrad at 2008-10-11 16:48
maou2929さん、
引っ張ります。まだまだ。(笑
そうそう、小屋マニアなのです!
”コヤッコ・クラブ”をどうぞよろしく。
会長は「ラジオフライヤー」のwajiraさんです。(言い切った!
<< 廃テイスト海岸通り 3 廃テイスト海岸通り 1 >>