カテゴリ:道( 17 )
道について
例えば”道”について考えたりする。
特にそこに住む人たちのためだけに存在するような道がグッと来たりするのだよネ。
温水シャワーのあるコインランドリーにもグッと来ますが・・・。
b0021570_20411673.jpg

Nikon F3 + Arsat-N F2.8/20mm
by jptrad | 2007-11-02 20:46 | | Comments(2)
どうして良いかわからない
b0021570_1404024.jpg

b0021570_1405922.jpg

BessaR3A Industar50 F3.5/50mm Fuji superia100

「あー!!」と叫びたい、そんな感じ。
by jptrad | 2007-06-24 14:08 | | Comments(12)
出発の朝
b0021570_1956187.jpg

Bessa-R

”旅”と言うほどカッコイイものではない。
実家の地元の絡みで小旅行なのであった。
参加者は6名なのでミニバン1台で丁度なのである。
出発の朝、車を実家に置いて集合場所まで曲がりくねった田圃道を歩く。
朝の7時前にこの道を歩くなんて、何十年ぶりなのだろう。
小学校の夏休み、この先のお寺の境内にラジオ体操に出かけて以来のことである。
木々の間から太陽が覗いている。
何となく鼻歌でも歌いたい気分だ。
by jptrad | 2007-06-05 20:05 | | Comments(4)
その先にあるもの
b0021570_1028409.jpg

Pentax MX + Carl Zeiss Ultron 1.8/50

冬の日はすぐに暮れてしまう。
たしか午後3時頃だったと思うがすでに夕方の光。
フィルムに残った最後の1枚。
by jptrad | 2006-12-12 10:37 | | Comments(4)
”かはたれどき”ではありませんが・・・
b0021570_1040577.jpg

Minolta Autocord Rokkor F3.5/75mm
b0021570_104187.jpg

Minolta Autocord Rokkor F3.5/75mm

「かわたれどき」という言葉は聞いたことがあるだろうか?
「たそかれどき」に対しての「かはたれどき」なのである。
そう言う言い回しがある(あった)のだそうだ。
どちらの言葉も平安時代の結婚形式、”通い婚”に密接な関係がある。
通常、夫婦が日中会うことはなく、暗くなってから夫は妻の部屋へ行き、一夜を過ごして夜明け前に自分の家へ帰るのだ。
愛がヒートアップすればするほど、一刻も早く妻の部屋に行きたいし一秒でも長く一緒に過ごしたい、それで暗くなりきらない”たそかれ時”にいそいそと出かけて行き、夜が白々と明け始めるギリギリの時間まで一緒に過ごす。
「かわたれどき」とは(「かはたれどき」と書いた方が正確なのだろうが)「彼(か)は誰?」ということ、まだ夜が明けきっていないので家路を急ぐ彼の顔はよく見えない。いったいどこの旦那様なんでしょう?ということなのである。

今度機会があれば「かはたれどき」の写真など撮ってみよう。
朝霧の立ちこめる小径なんて、絵になるかも知れない。
by jptrad | 2006-10-07 11:13 | | Comments(14)
おうちへ帰ろう
b0021570_12255643.jpg

Lomo Lc-a Minitar-32mm/F2.8 Agfa Vista 400

自然光で写真撮るにはもうぎりぎり・・・。
周辺減光もてつだって周囲が暗いなか道がぼんやり浮かび上がっている。
案外お気に入りだったりして。
by jptrad | 2006-09-06 12:30 | | Comments(8)
ひまわりのある道の夕暮れ
b0021570_20384511.jpg

Lomo Lc-a Minitar-32mm/F2.8 Agfa Vista 400
by jptrad | 2006-09-05 20:29 | | Comments(5)
空への道
b0021570_0162483.jpg

Canon Eos100QD Nikkor 24mm/F2

今度はまともな?道の写真。
後ろから車が来ないかどきどきした。
時速200キロくらいでまっすぐ行くと間違いなく飛べる。
by jptrad | 2006-08-23 00:19 | | Comments(2)
1952年のElmar 2
b0021570_20562388.jpg

Voigtländer Bessa-R3A + Ernst Leitz Wetzlar Elmar F4/9cm

このElmar、やはりフードが必要のようだ。
古いレンズなのでどうしても・・・。
もちろんこういう順光のシチュエーションなら問題ないのだが。
でも、純正フードは高い・・・のだろうなぁ。

それにしてもBessa-R3Aに装着した姿はやはりなにか違和感がある。
外付けのファインダーを手に入れてライカIIIcで撮ってみたいものだ。
でも、純正ファインダーは高い・・・のだろうなぁ。

90mmレンズの適度な圧縮効果は「道」を撮るのに向いているのかも知れない。

お盆で更新できなかったらランキングがた落ち!
一時は80位くらいまで行ったのに今見たら234位だって。
こちらをポチッとして頂けるとありがたいですー。
↓↓↓
by jptrad | 2006-08-17 21:11 | | Comments(6)
1952年のElmar
b0021570_10244433.jpg

Voigtländer Bessa-R3A + Ernst Leitz Wetzlar Elmar F4/9cm

生まれて初めてライカのレンズを手に入れた。
ついでに言うと、レンジファインダー用レンズで50ミリを越えるレンズというのもこれが初めてなのだ。
1952年製のエルマー90mmだ。
オークションで14800円。
距離はフィート表示。
表示のリング位置がかなりずれている。
レンズも曇りあり、前玉にも細かなキズ有り。
しかし、素晴らしい質感である。
手にした瞬間、作りの良さがひしひしと伝わってくる。
この時代のドイツ製品の凄みのようなものさえ感じる。
少し使ってみて気に入ったらクリーニングと調整をプロにお願いしようと思っている。
by jptrad | 2006-08-16 10:43 | | Comments(6)