<   2011年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧
旨いもん喰って、アート鑑賞なのだ(その3)
「御殿場プレミアム・アウトレット」を出て15キロほどで宿泊先のホテルに到着。
途中、富士山がシルエットでくっきり眺められた。
何度か富士方面はキャンプなどで訪れているもののなかなか天候に恵まれず、富士山のキャンプ場に止まったときでさえ富士山は見えなかった。
とは言ってもアレは地面がすでに富士山だったとも言えなくもないが・・・。

ホテルの部屋に入って時間を見る。
16時半。
1日目のメインイベント=晩飯。(言い切った)
…の予約時間まで1時間半ある。

「寝るか」
「寝よう」

・・・この場合、本来の意味で1時間ぐっすり眠ったのである。(念のため)
ちなみに最近思ったことなのだが”ぐっすり”の語源ってもしかして”Good Sleep”なのかも?

ところで宿泊先のホテルであるが、「箱根ハイランドホテル」http://www.odakyu-hotel.co.jp/highland/なのであった。

【5つの美術館から選べる】アートな休日 ~入場券+朝食付き
…という美術館のチケット+朝食のプランを利用した。

ホントは富士屋ホテルに泊まりたかったのだが、晩飯食べたい店から遠かったのでハイランドホテルにしたのだ。
そう、晩飯をアルコール呑みながら楽しみたかったのでお目当ての店の行き帰り歩いてOKの距離にあるホテルとなるとここ、というわけである。

しかし、ホテルなんてどこでも良かった、みたいに書いてるとハイランドホテルがたいしたこと無かったみたいに聞こえるが、けっしてそんなことはない。元々は団琢磨男爵の別邸だった場所とのことで、なかなかに由緒正しいホテルなのである。

b0021570_20531422.jpg

by jptrad | 2011-10-27 20:43 | 家族 | Comments(2)
旨いもん喰って、アート鑑賞なのだ(その2)
サービスエリアをそろそろ出発しようと車に乗り込むも身体の節々がだるく手の平が熱く少し頭痛もする。これはまずいぞと思ったので30分ほど仮眠。
この仮眠の効果はかなりのものでまたいくぶん元気に走り出すことが出来た。

初めて訪れた「御殿場プレミアム・アウトレット」。
ブランド物にはもともと全く興味がない妻とワタシなので何かを買おうという気は全くなく、「なにこれ、広いね~」とか言いながらぶらぶらとショップを見て回る。
朝、家を出てから海老名でドーナツ食べただけだったので腹も減ってきた。
Fauchonがあったのでサンドイッチとアールグレイ。
そして、アウトレットを出るときふと気付くと私達は紙袋を3つも提げていた。
中にはバッグとブーツとワインが入っていたのである。

b0021570_11561198.jpg

GR Digital III (つま撮影)
※人が居ないっぽいけど、じつは結構いました。
by jptrad | 2011-10-25 11:58 | 家族 | Comments(2)
旨いもん喰って、アート鑑賞なのだ(その1)
毎年行っている8月末の小旅行、今年はどこにも行っていなかったのでこの前の水木で箱根に行って来た。
一泊2日なので欲張らずに「旨いもん喰ってアートを楽しむ」というコンセプト。

水曜日、5時に起きるも前日(正確には当日)床に入ったのが午前2時だったので3時間睡眠である。
妻と二人、身体にむち打って寝床から這い出したのである。

洗濯したり、猫トイレの掃除をしたり、猫にご飯をやったり、着替えをトランクに詰めたり(当日!)してよろよろと家を出られたのは7時半過ぎ。いろいろと時間がかかる2人なのだった。

車があまりに汚かったので前日の夜にガソリンを入れたついでにホイールだけ洗って来たのでなんとなく全体がキレイになった印象で気持ちが良い。

「御殿場のアウトレットに行ってみたい」と妻が言うのでカーナビにセット。
目的地まで約200キロというところ。

車は成田空港横を通り東関道を抜け湾岸道、レインボーブリッジを渡り渋谷方面へ。
用賀を抜け東名高速へ入り、海老名で休憩。
ドーナツとコーヒーで一休みなのである。

b0021570_2071658.jpg

「ね、ねむい・・・」
by jptrad | 2011-10-22 20:09 | 家族 | Comments(2)
デジャブ
b0021570_12432483.jpg


撮影してから時間が経過してしまってからフィルムを現像するというのは考えてみると面白いものだ。
撮ったシーンの一つ一つを忘れてしまうほど時間が経ってからやっと現像してみると急に以前にみた夢を思い出すような、あるいは一種のデジャブに近いような感覚が呼び覚まされる気がするのである。
今では写真と言えばケータイで撮ったりコンパクトデジカメで撮ったり、写真が趣味の人でもデジタル一眼など、とにかくデジタルが常識であるわけだが、当然撮影したらすぐさまモニターで確認するだろう。
私だってデジタルで撮ったときには当然そうする。
でも、それって便利だけどなんだか淡々とし過ぎていて思わせぶりなところがない。
まあ、デジタルカメラに思わせぶりを要求するのもちょっとアレですが・・・。
by jptrad | 2011-10-21 12:44 | 地球の植物 | Comments(2)
劣化した季節
b0021570_13415039.jpg

(カメラもレンズももう忘れた・・・)

春に撮ったフィルム、現像もせずにバッグの中に放り込んだままであった。
しかももともと感度が劣化している古いリバーサルフィルムなのでどんな具合に写るのか?
はたして写っているのか?
そんな風に思いながらやっと現像に出した。

出来上がったポジをスキャン。
そこにはなんと桜の写真が!
見るまですっかり忘れていたのです。
秋に桜の写真で申し訳ないような。

しかし、なんだか好きだ~この雰囲気。
レトロで少しおどろおどろしく、しかも微かなポップ感。
なんか良くない?
by jptrad | 2011-10-14 13:52 | 地球の植物 | Comments(0)
見分けがつかない状況
b0021570_11205681.jpg

CANON Eos 100QD(レンズ失念)

EOS-750QDが来たから100QDは処分しようかな?
というか、どっちがいいんだろう?
ちゃんと比べてみればいいんだよね。
by jptrad | 2011-10-06 11:46 | カメラ | Comments(2)
黙っていてもカメラは増える
b0021570_18493454.jpg

Bessaflex + MC Volna-9 50mm/F2.8

先日、友人からカメラを貰った。
Canon AE-1とEOS-750QD、それと交換レンズが合計3本、それにストロボが大小2個。
うーむ、どうしよう。
イオス用の2本のズームレンズはどちらも長年使われていなかったためか動きがかなりおかしい。
ピントを合わせようとはしているのだが引っかかりながらじわじわ回っているだけでなかなかピントを合わせてくれない。ズームレンズは分解修理したことがないのでばらすのもちょっとためらわれる。
でも、ダメ元でやってみるべきだろうか?
とりあえずマニュアルの50mmが付いているAE-1の方を試写してみよう。
AE-1はいつ入れた電池かわからないがなんと電池が生きていて普通にシャッターが切れるのである。
by jptrad | 2011-10-03 19:14 | カメラ | Comments(2)
Ricoh GR digital III をてにいれた
先日、魔が差してヤフオクで Ricoh GR digital III を1台、落札してしまいました。
32800円なり。
まだ外には持ち出してないのでなんともコメントは付けようが無いのですが、やっぱりワタシはファインダー覗いて撮りたい!・・・のです。

で、このカメラってカタログデータ見ると35mmフォーマット換算で28mmの画角のようなのでとりあえずその辺にあったファインダーをくっつけてみました。
とは言っても28mmのファインダーは持っていないのでフォクトレンダーの25mmのファインダーを付けて撮影してみました。(室内で・・・ですが)
すると、当然パララックスの脳内補正は必要ですがほぼこれでいいじゃん!ってレベルだと発見したのでした。
これって、28mmファインダーじゃ絶対足りないよね?
そんな風に思ったのでした。

しかし、IIより少し大きいと聞いていたんですが、もともとGRデジタルは弄ったことが無く、どのぐらい大きいのか、というか、IIがどのくらい小さいのかわかりませんがこのIIIでも充分小さい!です。
なので、フォクトレンダーのファインダーがでかすぎ!

たまには写真撮りに出かけたいスなぁ・・・。
週1の休みでは全然無理ですが。

アート分も神社仏閣分も廃墟分も欠乏中。
しょうがない、ギターでも弾くか・・・。

写真は夜中にGR Digital IIIで試写したもの。
ウチの屋上から、補正は-2。
b0021570_20432995.jpg

by jptrad | 2011-10-01 20:43 | Comments(4)