<   2011年 12月 ( 15 )   > この月の画像一覧
宮崎臓器
b0021570_19342586.jpg

GRD III

今頃、お客様宛の年賀状印刷なのである。
プライベート用は年明けになる模様。
プリンタもそろそろ年数が経つので途中で壊れないことを祈る。

ところで、昨日はお客様よりモツ煮を頂いた。
ガンガンに冷凍されたモツ煮のパッケージにはラベルに「宮崎臓器」という社名が・・・。

”臓器”?

モツ煮なんだから、確かに臓器には違いないが、微妙に笑ってしまう。

というわけで微妙に笑いながら早速凍ったままのモツ煮を鍋に入れ強制的に溶かしてグツグツ。

その間に「ロマネスコ」というカリフラワーの仲間の野菜(特売だったので買っておいた)で例のインド料理、「アルーゴビ」を作ってみた。
今回はクミンが終わってしまったので代わりにガラムマサラとターメリックを使った。
結果、これはこれでなかなかうまい!
というか、ロマネスコって食べた感じカリフラワーその物なのね。

しかし、ご飯がなかったのでアルーゴビとモツ煮、それと白菜の水炊きなのにフランスパンなのである。しかも、アルコールは赤ワイン。
どうよ、このめちゃくちゃな組み合わせ。

ところが!である。
恐るべし、モツ煮!なのである。
このモツ煮、はっきり言ってワタシの今まで51年間の人生の中で一番旨いモツ煮だったのだ。こってりしてるのに上品さも感じられる味わい、モツ自体も非常に柔らかくイヤな臭みも全く感じられず、口に入れると溶けてしまうのではないかというような逸品だったのである。
試しにフランスパンに載せて食べてみる。有楽町VIRONのバゲット”レトロドール”もまさかモツ煮を載せられるとは思ってもみなかったであろう。
しかし、これがまた!なんと赤ワインにぴったりなのだ。

「うむむむむ・・・」

妻と二人で唸りながら食べた。
もう、白菜の水炊きなんかそっちのけである。
モツ煮あっという間に完食。

「うーむ、旨かった。」
「ハッ!水炊きの白菜、このモツ煮の汁に入れてみたら?」
「おお!それは旨いに違いない!」

というわけで柔らかくなった白菜投入。

「うま~~い!」

鍋に残った汁までパンで拭って食べてしまったのである。

宮崎臓器、おそるべし。”臓器”の看板は伊達ではない。。
この次はかならず買いに行こう。
by jptrad | 2011-12-30 19:35 | 料理 | Comments(6)
50分間、レインボーブリッジ三昧
b0021570_1756507.jpg

iPhone4S

年末年始は当店は変則的な営業となります。
まず昨日の26日は通常は休みではありませんがお休みに、その代わり明日の水曜は営業でそのまま31日まで無休となります。

で、昨日は妻を病院に。
週1回は通院なのです。
ところが昨日は年末の3連休明け、高速道路は大渋滞というわけです。
病院まで通常だったら10分の位置にあるレインボーブリッジ、橋を渡るだけで!50分かかりました。
このままでは病院の受付時間は過ぎてしまうので橋の上から妻が携帯で病院に連絡を入れて時間は過ぎてもなんとかしてくれるように話をつけました。
通常だと家から1時間半の道のりなのに2時間半かかりました。
おかげでレインボーブリッジの上から周りをキョロキョロ。
いつもだと運転中にそんなに眺めてられないからこのときとばかりに・・・。

写真は昨日の物ではありませんが渋滞中の模様です。
ちょうどレインボーブリッジを渡り終えたところで、ここを過ぎて芝で降りれば病院は目前です。

あ、今日はなぜか、ですます調になっちゃった。
by jptrad | 2011-12-27 18:12 | Comments(0)
イブのメニュー
妻は帰ってきたがまだ家事はいつものようには出来ないので料理はワタシが作る。
というわけでクリスマスイブのメニュー。

BGMの代わりにフィギュアスケート、チラ見しながら作った。
真央ちゃんの演技に息をのんだ。
一流のアスリートであり、かつ一流の表現者に成長した。
まだホンの21才という若さで!である。

冷蔵庫にスティックブロッコリーがあったのを発見した。
もう花が咲き始めている。これは何とかしなくては・・・。

ブロッコリーを固めに茹でて中玉とまととオリーブ。
味付けはオリーブオイルと塩胡椒、それとバジルとバルサミコ酢。

b0021570_1152617.jpg


おつまみにスモークサーモン。
それと、あたりマエダのプレーンクラッカーにリンゴのコンポートとカマンベールチーズを一緒に載せたもの。
この、リンゴのコンポートとカマンベールの組み合わせが絶妙で驚いた。
もちろんワインとも合う。
ついでに書くとカマンベールは北海道の角谷というところのカマンベールが最高にうまい。これよりおいしいカマンベールはまだ食べたことがない。こっちの方が美味しいよという情報があれば是非教えて欲しい。

リンゴのコンポートはレシピと言うほどの物はないが、一応書いておく。

1,りんごの皮を剥く
2,それを鍋に入れて砂糖をまぶして焦げ付かないようにことこと煮る。
3,大体ざっくりと半透明な感じになったら出来上がり。

あとは、白菜とほうれん草のミルク煮スパゲッティ。
これは、溶けるチーズをトッピングしたのはいいけど皿に盛りつけると見た目がかなりアレになってしまった。
分量も大量でとてもまずそうに写ってしまったが、味は本当においしかった!

b0021570_1154952.jpg


でも料理は見た目がかなり大事なのでこれは失敗作と言わざるを得ない。
次回は溶けるチーズはやめてパルミジャーノをガリガリと降らせる事にしよう。
あと、白菜は細かめに切った方がいいと妻に言われた。確かに・・・。
あと、次回は分量はもうちょっと少なめにしよう。
昨夜これを完食したおかげで今朝起きてもお腹が重い気がして今朝はバナナと温めた牛乳のみ。
by jptrad | 2011-12-25 11:27 | 料理 | Comments(0)
妻、帰還。
b0021570_10321826.jpg


iPhone4S


昨日、つまが帰ってきた。
約1ヶ月半ぶりである。
猫共の反応が面白かった。
つまが猫部屋に入ってくると全員ぽかーんとした表情、しばらくの間あまり反応が無く、どうしたらいいかわからずみんな目が泳いでいる感じだった。
しばらくしてつまの居る台所に集まってきて動作が落ち着きがない。
感情をストレートに出すのは猫としてはしたないと思っているフシが猫にはあるので一見無反応のようだが、どうもかなり嬉しいらしい。

夕飯は(得意の?)かぼちゃのスープに有楽町VIRONで買ってきたバゲット、白菜とキノコと豚肉の水炊きをオリーブオイルとバルサミコと塩で食べたりして、あと、レバーペーストをパンに塗って、取っておいたボジョレーを開けた。
今回はドメーヌ・デュプレ。樹齢70年の葡萄の木で採れた葡萄を使っているという1本。
ただ若々しいフレッシュなだけでなく気品がある香り。

久しぶりの我が家での夕食、やっぱり一人の食事のときの何倍も美味しいね。
by jptrad | 2011-12-19 23:45 | 料理 | Comments(4)
iPhone4S で おでん
先日突如として気を失った愛用のiPhone3G、その後は気を失うこともなかったが、なぜかメールの受信がヘンで、1通しか来てなくても2通ありと表示されるし、ちょっと反応が鈍いみたいな所があったりと、たしかに不安要素は続いていた。
しかし、ついに4S入荷の連絡があり昨日夕方Softbankのショップへ行って4Sへの変更を完了した。
早速ウチのPCと接続し、バックアップを4Sに復元。
全く問題なくすべてを移行することが出来た。

そして、昨日は息子1号が来ていてなんと夕食を作ってくれると言いだした。
冷凍庫におでんの具セットがあり、大根もあったのでおでんにしようということになった。

息子1号 「どうすればいい?」
ワタシ 「鍋に水入れてこんぶを入れて具を煮る。」
息子1号 「つゆは?」
ワタシ 「醤油とみりん。」
息子1号 「わかった。」

息子1号はおでんは初挑戦なのである。

そして、これが初挑戦で作った息子1号製おでんである。
そしてそして、これが新しいiPhone4Sで撮影する記念すべき最初の1枚なのであった。

肝心のお味?
もう、最高に上出来。今朝は残ってたおでんの汁でうどんを食べた。

「うでん」である。

あれ?「おどん」だっけ?
b0021570_1624495.jpg

iPhone4S
by jptrad | 2011-12-16 16:25 | Comments(4)
忘年会だった
b0021570_11204675.jpg

iPhone3G

一昨日もカリフラワーのアルーゴビ。
さすがに2日連続でアルーゴビ作ると台所がインド料理店みたいな匂いになってしまった。
あ!しまった、Tシャツ干したままだった。
黄色いカレーみたいな色のTシャツなので良しとしよう。(意味不明)
2回目のアルーゴビは最初の時よりも弱火にして蒸し焼きにしたのでカリフラワーが柔らかくなってそれはそれで美味しかった。

b0021570_1145981.jpg


そして昨夜は忘年会だったので自炊なし。
おしゃれな洗練されたお店。
非常に美しく盛り合わせた上品な料理。
しかしである。
こりに凝った料理なのに調味料が残念だった。
砂糖と塩と油だけは手を抜いてはすべてが台無しになってしまう。
もちろん化学調味料は使った時点で問題外であるが・・・。
一夜あけた今でも舌の表面が荒れたような違和感と痛みが続いている。
そしてビール。
舌への刺激は勿論だが久しぶりに酒飲んで喉が渇く症状が出た。
一番売れているあの銘柄である。
あの銘柄はなるべくなら飲みたくないのだが一番人気なのでどこに行ってもほとんどアレなのにはまいる。
ああ、舌が痛いよう。
by jptrad | 2011-12-12 11:51 | 料理 | Comments(0)
カリフラワーでアルーゴビ
b0021570_1865167.jpg

iPhone3G

冷蔵庫の野菜室に先週届いたカリフラワーが入ったままだった。
早く何とかしなくてはダメになってしまう。今夜あたり茹でてマヨネーズつけて食べてしまおうと・・・
そう思ったのだが、クックパッドを検索するとこんな料理が!

インド料理カリフラワー炒め(アルーゴビ)

材料をチェック。

・カリフラワー(もちろんある)
・しょうが(ある)
・タマネギ(ある)
・にんにく(ある)
・ターメリック(ある)
・クミンパウダー(クミンシードならある)
・カイエンペッパー(しまとうがらしならある)
・塩(もちろん)

というわけで作ってみた。
レシピはクックパッドのリンク先にももちろん載ってるが自分なりに書いてみる。



【アルーゴビ】

1,ニンニク大1片をみじん切りにする。
2,タマネギ中半分をみじん切り。
3,ショウガ、太めだったので1cmくらいをみじん切り。この前の生姜焼きの残りである。
4,「カリフラワー半玉を1cm角に」とレシピにはあるが「角」に切れないのでざっくり適当に切る。
5,フライパンに油をひいてニンニクを炒め、香りが立ってきたらタマネギと生姜のみじん切りを加えて炒める。
6,タマネギがしんなりしたら一旦火を止めカリフラワーを混ぜ、ターメリック、クミンをそれぞれ小さじ半分くらい、塩は小さじ半分弱、唐辛子は特別激辛のハバネロ入りの島唐辛子なのでパッパッとふた振りくらいにとどめておいた。
7,すべてをよく混ぜ、フライパンに蓋をして弱火で10分蒸し煮にする。とレシピにはあったが途中で見たら焦げてきてしまったのでコップに2cmくらい水を加えてみた。
8,カリフラワーがあるていど柔らかくなったら完成。やはり蓋をしてからトータルで10分くらいだった。

b0021570_1853559.jpg


それでは実食!!

カリフラワーも柔らか過ぎず硬すぎずでちょうど良かった。
思っていたよりしっかりした味。ご飯のおかずにもパンやナンに乗せてもイケル。もちろんそのままおつまみにも!
昨夜はジャックダニエルやりながら食べたがやっぱりこれはビールが合うね!
あと半玉あるので今夜も連続で作ってみよう。今夜はパスタに絡めてみるか・・・。
by jptrad | 2011-12-10 18:07 | 料理 | Comments(0)
ねもののにもの
b0021570_171369.jpg

iPhone3G

包丁が切れないなと思いつつ使っていたがやっぱり我慢ならん!というわけで研いだ。
いやー、スパスパ良く切れるようになるとそれだけで料理の楽しさがアップ!
最近は料理自体が楽しくなった気がして、手早く仕上げなきゃ・・・なんて思わなくなってきた。
音楽聞きながら、料理自体を楽しめばいいんだ。
昨日の料理のBGMは珍しくビートルズ、ホワイトアルバム。
もちろん一緒に歌いながらである。
それがストレスの解消になり、美味しい料理が出来上がって食べる、そのことで更にストレス解消なのだ。
というわけで昨夜の一品は・・・



【ねもののにもの】←根物の煮物ね。

b0021570_17271945.jpg


1,大根とニンジンを柔らかくなるまで水煮する。
2,里芋を別鍋で5分煮る。
3,里芋の皮をむく。
4,醤油、みりん、それと今回は粉末状のスープの素(もちろん無化調・・・を試しに使ってみた)であっさり目に味付け。(あとで煮詰まって濃くなるので)
5,里芋と豚肉としいたけ投入。
6,あとはひたすらグツグツ。出来上がり。

簡単だね!
もちろん上出来。
でも、やっぱりスープの素より昆布と鰹節でダシ取った方が好みだ。
今回はクックパッドの大根と里芋の煮物のところに鶏ガラスープとか書いてあったので試してみただけなのだ。
by jptrad | 2011-12-09 17:34 | 料理 | Comments(0)
週1の妻に会いに行く日
b0021570_1704638.jpg

iPhone3G


昨日の水曜はかぼちゃのスープと豚肉の生姜焼き、それと玄米おにぎり、それとデザートに柿をamazon箱の空き箱に入れてそれを風呂敷に包み、熱いお湯の入った水筒とドリップパックのコーヒーを持って妻の待つ病院へ。お湯は勿論病院でも自由に使えるようになっているが、水がまずくていつものコーヒーが全然違う物になってしまうのだ。

生姜焼きの下には千切りにしたキャベツが敷いてあるが構わずそのまま給湯室の電子レンジで温める。
そうすると生のキャベツがいい具合にしんなりと暖まるのだ。
かぼちゃのスープはちょっと熱めに暖めた。
いつもの地下の食堂でテーブルに拡げる。

妻がかぼちゃのスープをスプーンで口に運ぶ。
「うん・・・」と言って笑みがこぼれる。
「にんにく入ってるのね?」
「うん、元気が出るようにね。生姜焼きは味が濃くなり過ぎないように赤ワインで調整してみた。」
「うーん、おいしい。こうじゃなくちゃね!」

デザートの柿は妻がむいてくれた。
「前回、フランスパン切ったときに全然切れなかったからナイフ研いで来た。ゆうべ12時頃研いでた。」
「夜中にシュッ、シュッって?怖い~。」

かぼちゃのスープも今回初めて作った自己流。
にんにくは初めは入れる予定じゃなかったが作る直前に思い立って入れてみた。
夜、家に帰ってから鍋に残っていたかぼちゃスープ(結構濃厚になってる)を温めてカリッと焼いたフランスパンですくって食べたがこれがまたニンニクとオリーブオイルのフレーバーがワインにピッタリ!
ワインは昨日の残りのポルトガルワイン。フルボトルで5百円台とはとても信じられないテーブルワインなのであった。

というわけで今回のレシピは次の通り。




【ガーリック風味のかぼちゃスープ】

1,にんにく2~3片をみじん切りにする。
2,タマネギ中1個をみじん切りにする。
3,かぼちゃ中半分を適当な大きさに切って皮を除いておく。
3,にんにくをオリーブオイルで炒め、香りが立ってきたらタマネギも投入してしんなりするまで炒める。
4,かぼちゃを投入。
5,鍋底から2~3cm位の少なめの水を入れ蓋をして蒸し煮にする。
6,カボチャが柔らかくなったらマッシャーでつぶしまくる。
7,牛乳投入。分量は好みで。濃厚にしたければ少なめに。
8,塩で味付け。あとは頻繁にかき混ぜながら煮込む。焦げ付いたり吹きこぼれたりしないように注意する。

ニンニクを入れたかぼちゃスープ、あったまります!




【豚肉のあっさり生姜焼き】

b0021570_17325960.jpg


1,ボウルに生姜をおろす。分量適当。
2,おろした生姜に醤油をちゃ~っとかける。(肉の量にもよるので分量は加減して下さい。)
3,醤油と同量くらいのミリンをまぜて味見。
4,続いて赤ワインを追加。
5,薄切りの豚肉をはがしながらボウルに投入。
6,肉にタレが馴染むように混ぜる。
7,フライパンに油をひいて火を付け、フライパンが暖まり始めたくらいで肉投入。あまりフライパン熱くしないウチに入れると柔らかく仕上がるみたい。・・・な気がする。
by jptrad | 2011-12-08 17:33 | 料理 | Comments(0)
iPhone3G 逝く?
b0021570_184432.jpg

Nikon F3

写真と本文は全く関係ないが、、、

昨日のこと、愛用のiPhone3Gが突如として死んでしまった。
つまり、どこを押しても全く反応無し。
電源ボタンの長押しは何度したことか。
ディスプレイパネルはただ真っ黒なままなのである。

ちょうど出先で電話を掛ける必要があってポケットから取り出したらこうである。
「えー?!」「あれ?」「なんでー?」と一人で騒ぎつつ操作ボタンを押したりディスプレイパネルをさすったりしたが全く反応無し。呆然とポケットに戻しいつもよりアクセル踏みめで家に帰ってきた。
イエデンから掛けてみると、なんと呼び出し音が聞こえている。
しかし、左手に持ったiPhoneは何の反応もしていない。
・・・と言うことはディスプレイが映らない&音が出ないだけで電源は入ってる??

考えててもしょうがないので赤いママチャリで近所のソフトバンクのショップへ。
対応してくれた店員のお兄さんがいじり回すも全く反応無し。
「バッテリー残が無いのかも知れませんね。」
といいつつ電源プラグを繋ぐ。
いや、切れる前はだいたい70%位残ってたはずと告げると・・・
「じゃぁ、バッテリーの寿命が来たのかも知れません。」
バッテリーの寿命が尽きると急激に電池が持たなくなると言う。

バッテリーの交換はどのくらい金額かかるのかと聞くとなんと!
「iPhoneはバッテリー交換出来ません。」という。
じゃあ、バッテリーがダメになったらそれで終わり?
「いや、本体ごと交換になります。」
「???」

つまりこうだ。バッテリーのみ交換は出来ないが丸ごと交換になる。
費用は9千なにがしかという。そして機種はいままでと全く同じ機種に交換される。

9千円出してまた3Gってこと?
「はい」
何じゃそのシステム~w。

ほとんど追加のお金かからずに4sに出来るってきいたけど・・・?というと
「はい、できますヨ。4sになさいますか?」
そうするしかないでしょう~。とワタシは言いつつ死んでしまったiPhone3Gをちらりと見る。

「あれっ?!」

なんと起動時のリンゴマークが表示されているのだ。
思わず手に取り見ていると普通に起動した。
操作をしてみる。
全くいつも通りだ。
死んだんじゃなくて、気を失っていただけ?

ここまで書いて今思い出した。
そう言えば買ったばかりの頃にも、一度気絶したことがあった。
そのときは充電も十分じゃなかったので電源プラグを繋いでおいた。
そうしたらいつの間にか復活していたのでただ電池がなかったんだな?と思っていた。
あのときと同じだ。

1年8ヶ月つかったiPhone、電池の寿命も気になるがいつまた気絶するかわからないというのも不安ではある。
そんなわけで4Sを注文してきた。
入荷に2週間と言われた。
3Gよ、それまで気を確かに頑張ってくれよ。
by jptrad | 2011-12-06 18:06 | Comments(2)