タグ:Bessaflex ( 44 ) タグの人気記事
香りの記憶
b0021570_20354664.jpg


公園のベンチに座って、上を見上げる。

そのままの姿勢でカメラを顔の上に持って来てシャッターを1枚だけ切る。

カメラを膝に下ろし、目を閉じて顔はそのまま軽く深呼吸する。

金木犀の香りがどこからか微かに漂ってくる。

突然、自分がおじいさんになってしまった気がして、急いでベンチから立ち上がる。
by jptrad | 2009-10-06 20:48 | 地球の植物 | Comments(0)
夜の散歩2
b0021570_20512970.jpg


明るすぎる夜。

このカットのシャッターを切ったら家へ帰ろう。

地下で待つ車に戻り、ドアポケットから銀色のアルミボトルを取り出し、一口飲んだらエンジンをかけるのだ。

黒い高速道路を切り裂く光の軌跡に乗って家へ帰ろう。

静かな夜に包まれた家のキッチンで今日買った赤ワインで乾杯しよう。
by jptrad | 2009-10-05 20:51 | | Comments(0)
夜の散歩
b0021570_0501244.jpg


闇が恋しい・・・

と思った都会の夜。
by jptrad | 2009-10-05 00:55 | Comments(4)
千葉県佐倉市 「幸食堂」
記録として残しておこう。

その”食堂”には、行きつけの居酒屋のマスターに聞いて恐る恐る行ってみたのだった。
名物のジャンボエビフライ定食(¥3150!)は今日のメンバー(妻と息子2号とワタシ)だけでは攻略が難しそうだったので、A定食を1人前と息子はニラレバ炒め定食、それとご飯とみそ汁のみ1人前追加してオーダー。
つまり料理は2人前。
正直言ってあまりキレイとは言えない店内だが、よく見ると古いというだけで掃除は行き届いているのがわかる。
特筆すべきは噂の通りで、各テーブル上の調味料が載っている小さなトレイ。
こういうところの醤油さしには醤油ダレの跡や手あかや油ヨゴレが付いているのが当たり前だが、ここは違う。
どれを手にしてもピカピカ。非常に気持ちが良い。醤油などは毎日新しい物に入れ替えているらしい。
待つほどもなくどんどん料理が運ばれてくる。
まず息子のニラレバが来た!
30cmくらいの皿に超山盛りなのだ。
うわー、なにこれ?これで1人前?と驚いているウチにA定食が到着。
それがこの写真である。
b0021570_1225669.jpg

この皿も直径30cmはあるのだ。その大皿から巨大なエビフライが大きくはみ出している。
太さも親指と中指で輪を作ったくらい?いや、もっと太いか・・・?
ジャンボエビフライ定食(このエビフライが2匹!)にしなくてホントに良かった。
真上から撮ればわかりやすかったのだがあまりに気が動転してわかりずらい写真で申し訳ない。
それといちいち切り身が巨大な刺身がかき氷状態の盛りつけで運ばれてきた。
2人前の料理でテーブルが一杯である。
4人で来て知らずに4人前オーダーしたらテーブルには絶対に載りきらない。
味も満足!特に刺身。
お新香はしょっぱすぎかも?
帰り際にトイレに行ったら芸能人のサインや取材記事の切り抜きなどが額に入れられトイレの壁一面に隙間ナシにかけられていた。
最後に店の前で記念撮影。
「今日は夜は食べなくていいや」
そういいながら我々は店を後にしたのである。
b0021570_1232548.jpg


千葉県佐倉市 「幸食堂」
by jptrad | 2009-09-21 12:05 | Comments(4)
ヒカリに導かれて
b0021570_12404517.jpg


うっそうと茂った木立の中で木漏れ日を受けて輝いていた。
by jptrad | 2009-09-18 12:43 | 地球の植物 | Comments(2)
ヒマワリ
b0021570_185566.jpg

by jptrad | 2009-09-17 18:05 | 地球の植物 | Comments(7)
星形ゴースト
b0021570_20454996.jpg


MC VOLNA-9 というソビエト時代のレンズを所有しているのだが、先日最近使ってないなぁ・・・と思いながら何気なく覗くと何とカビが!
幸い表面に少しだけだったので掃除をしてそのまま使っている。
マクロレンズなので、少し離れた物を撮るとイマイチの解像感である。
でもそのイマイチ感を意識して撮るとまた面白い写真が撮れるのだ。
しかも、ソビエトレンズマニアの間ではよく知られたことだがこのレンズ、F5.6にすると絞りの形がダビデの星みたいになるのだ。
なので、星形ゴーストが撮れたりする。

撮影場所は千葉県佐倉市、川村記念美術館。
by jptrad | 2009-09-14 20:56 | 地球の植物 | Comments(0)
家族旅行2000+9 Part5
ずいぶん時間が経ってしまったが、やっとカメラに残っていたフィルムを撮り終わって現像が上がり、そしてさらに数日過ぎてやっとのことでフィルムスキャンが出来たので新しい写真をアップすることが出来る。
もう皆さんは何の話しだか忘れてしまったことだろう。
8月の家族旅行のパート5(最終回)なのである。
・・・え、もういいって?
そう言わずまぁまぁ・・・。

渋谷でお茶しようということで向かったのが"YAFFA ORGANIC CAFE"。
地図を見ながら辿り着いたそのカフェで家族4人思い思いの注文をして、外の席でまったりする。
オーガニックとうたっているだけに確かにごまかしのない味。

b0021570_20335963.jpg


あー、コーヒーがうまい。
・・・と上空からヘリコプターの音。どこかな?と思って仰ぎ見ると向かいのビルの窓に映っていた。

b0021570_20302264.jpg


お茶が終わったらいよいよ家族旅行の最終イベントである。
HMVでJ-WAVEの”グルーブ・ライン”という番組の公開生放送を見物に行くのだ。
カフェを後にし、歩道橋を駅に向けて渡る。
この歩道橋を毎日渡っていたのはついこの間のことのようだがあの頃のワタシの年齢は今の息子達の年齢と同じなのだ。
あの頃、109が、タワーレコードが、東急ハンズが、パルコが、次々にオープンした。
つまり今の渋谷の始まりがあの頃だったのだ。
前を歩く息子達の背中にあの頃の自分を重ね合わせながら何となく感慨深い思いを心に、歩道橋の上からこの写真を撮った。

b0021570_204943100.jpg



おわり
by jptrad | 2009-09-13 20:50 | Comments(6)
「個展 忌野清志郎の世界」を見た
b0021570_16585324.jpg

Bessaflex + Carlzeiss Ultron F1.8/50mm

写真と本文はまるで関係なし。

この前の定休日、またしても表参道へ行った。
今度の目的はラフォーレ・ミュージーアムで開催されている「個展 忌野清志郎の世界」。
これは9月13日までの開催なので我々にとっては最後のチャンス。

内容については色々な方がブログ等で書いているので細かいことは書かないケド・・・。
とにかくまず感じたことは、清志郎さん(あえて「さん」づけ)の絵って巧く描こうとかカッコ良く描こうとはこれっぽっちも思っていないんだなということ。
ただ絵からあふれてくるパワーというかオーラというかうまく言えないがそういったエネルギーはまさに清志郎(あえて呼び捨て)って感じで、それ以外言いようが無い。

清志郎さんの絵を見ていて、ちょっと前に糸井さんが「ほぼ日」で書いていた文章を思い出した。
細かい言い回しは忘れてしまったけど、絵でも写真でもとにかく人目に自分の作品を出そうというとき、人は巧く書こうとかカッコ良く撮ろうとかいう意識が働くものだということ。

そういった意識なんか私はしませんよと言う人でも、たとえば写真でいうとトイカメラとかで無意識にランダムに撮影するスタイルの人がいたとして、でも、撮影したたくさんの写真の中からブログにアップする写真を選ぶときには、「あ、コレ、なんかカッコ良くない?」とか思って選ぶんではないかということ。
でも、そういう基準じゃなくてもアリなんじゃないかと、そんな風に糸井さんが書いていたような気がする。

アートってのは自己表現なんだから(だよね?)そういった人の目とか気しなくてもいいって事なんだろうなぁ。
でも、その表現したい”自己”ってやつがダメダメじゃイカンのよね。
「どうっすか!自己表現思いっきりしてみましたー!!」とか叫んでみても、ずざざざっ!と退かれてしまったり、寄ってたかって指さされて笑われてしまってもちょっとキビしいかもな~。
清志郎は素でロックしてるってことだなぁ。
歌っても絵を描いてもロックしてるってすごいなぁと思った。
素のままでカッコイイ。
パワー貰いました。

気になる方、あと2日しかやってないよっ!
by jptrad | 2009-09-11 18:24 | Comments(2)
海風2
b0021570_953829.jpg

by jptrad | 2009-09-03 09:53 | Comments(0)