物置の古いギター2
ネックの逆反りを直すにはヘッドのカバーを開けてトラスロッドナットを六角レンチで逆時計回りに廻す(ゆるめる)、そうすれば直るはずである。
でも、もともと順反りを調整しようとして廻しすぎて逆に反ってしまったと記憶している。
問題はなぜ、やりすぎたと思ったそのときに逆に廻してみなかったのか?ということである。
とりあえずはトラスロッドにアクセスするためのカバーを外してみる。
b0021570_11504275.jpg

覗いた瞬間、思い出した。
約35年前に自分で調整したときにトラスロッドナットをナメてしまっていたのだった。
それで逆に戻そうにも六角レンチが空回りして戻せなくなってしまい、1~4フレットくらいまで音がビビるがそのまま仕方なく使っていたのだった。
それからネットの情報を探しまくるとセンチ単位の六角レンチでナメてしまったナットにはインチの六角レンチで微妙に太い物があるのでそれをハンマーなどで打ち込んで廻すと良いという情報が・・・。
というわけでインチの六角レンチセットを買ってきた。
ホームセンターで98円。安っ!
b0021570_1233448.jpg

しかし、すんなりとは事は運ばなかったのである。(つづく)
by jptrad | 2010-05-04 12:08
<< がんばれブラック! 物置の古いギター >>