力技!視度補正
ジャンクでスローシャッター不動品を手に入れこわごわ分解し運良く完動品になったミノルタSR-7だが一つ困った点がある。
ネットで探しても専用の視度補正レンズがみつからないのだ。
私は眼鏡を使う一歩手前くらいのプチ近眼なので視度補正のないファインダーでピントを合わせるのはなかなか大変なのだ。
そこで手持ちの視度補正レンズをなんとか押し込んでみた。
生け贄となったのはミノルタα用の視度補正レンズ。
まずは3枚におろす。(笑)
b0021570_1185811.jpg

b0021570_11201433.jpg

次にAGFAのフィルムケースの蓋の部分をカメラのアイピースに収まる大きさに丸く切る。
丸く切ったものの中心に視度補正レンズより一回り小さく窓を開ける。
切った穴の周りにかかるように視度補正レンズよりちょっと幅広な両面テープを貼り、窓の部分を切り取る。
視度補正レンズを貼ったらアイピースのワク(?)をはずして中にはめ込み、
最後にワクをねじ込んで完成。
b0021570_11415332.jpg

ピント合わせが楽になった~。
ま、切った窓がゆがんでいるのはフリーハンドでいい加減に切った為で、この辺りにツメの甘いアバウトな性格が垣間見えるのだなぁ・・・。
by jptrad | 2005-01-11 11:45 | カメラ
<< 5本の指たちin骨董市 骨董市2 >>