広告詐欺にご用心
b0021570_11122560.jpg

RICOH GR DIGITAL III

上の写真とは無関係の話。

昨日広告詐欺の電話がかかってきました。
今回はかかってきて5秒で一方的に切ったのですが、先月初めてかかってきたときはこちらも真面目に結構長くやりとりしました。
せっかくなのでそのときの広告詐欺の手口をご紹介・・・。


詐欺広告社「ご依頼頂いていた広告の原稿が出来ました。つきましては(以下略)」と早口でまくし立てる。

私「は?広告ですか?広告なんてどこにも頼んでないんですが。」

詐欺広告社「そんなことはないです。確かにご依頼を受けています。」

私「おたく、どちら様?もう一度社名をお願いします。」

詐欺広告社「@@ジャパンです。」(何とかジャパンと言ったけど忘れました)

        話しながらすかさずネットで社名を検索。

私「そんな広告会社ネット上見ても無いですね。」

詐欺広告社「ウチ、ホームページとか出してないんです。」

私「サイトもなくて電話番号も非通知では信用出来ないですね~。」

詐欺広告社「信用出来ないってどういう事でしょう?そちらから依頼された広告が出来たから確認して欲しいと言ってるだけでしょう?」

私「いま、いろんな詐欺事件がありますからねー。第一、どこにも広告なんて頼んでませんよここ最近は。」

詐欺広告社「確かに依頼を受けてます!」

私「じゃ、FAX番号教えるから原稿送ってみて下さいよ。」

詐欺野郎「FAX送ったらそれで契約確定と言うことになりますので。」

私「え?それっておかしいじゃないですか?こっちが依頼したから広告作ったんでしょう?だったら原稿作ったー確認したー気に入らないーやっぱりやめにしますーって事だって普通ありますよね?だいたいお願いした覚えが全くないのでどんな物に載る広告なのか、広告料はいくらなのかなんて全く知らないんですが、確認のFAX送ってもらったら契約確定なんて常識で考えてもあり得ないでしょう?」

詐欺野郎「あーわかりました。(めんどくさそうに)頼んでない、頼まれたと、ここで押し問答していても埒があかないのでもういいです。」

私「ああ、そうですか。」(ガチャ!)



という一連のやりとりでした。
はっ!今気が付いたけどだまされたふりすれば振込先とか聞き出せたのにね!
それ聞いてから警察に通報すればその口座、凍結出来たかも・・・。
今度はそうしよう。
またかかってこないかなぁ・・・。
by jptrad | 2012-09-19 11:22
<< 去りゆく夏のラプソディー dyson DC12 >>