やっぱり不運だったかも・・イコネッティ
前回の続きです。
・・・で、分解したイコネッティですが、その後何度も何度も何度も(以下無限繰り返しループ)組んではバラしを繰り返すも全く安定して動いてくれないのですよ。

原因はシャッターチャージのレバーがたまに固くて戻らなくなること。もしかしたら内部にゴミが入っているのかも・・・そう思い、今度は今まで分解した事の無い領域までバラバラにすることにしました。「深みにはまった」というヤツです。
ネジを外して鏡胴のカバーを外そうとしたけど一部がひっかかっていてなかなか外れない。いじっているウチにシャッター羽脱落。これは何としてでもカバーを外さなければいけない状況に・・・。

その後1時間近くも掛けてやっとカバーを外すことに成功。内部のメカはいかにも昔のドイツゲルマン職人魂という感じ。「う・・美しい・・・」そううめきながらもあっちこっちをチェックしてみる。動きは全く異常が見られない。はっきり言って良くワカラン状態。いったい何が悪いんだろう・・・。
見てもわからないので劣化したグリス部分をベンジンでふき取り、とりあえず元通り組み上げることにする。
途中絞り羽が吹き飛びそうで苦労したけど何とか元通りにする事が出来た。

早速テスト。

すると!異常なしでシャッターが切れるようになっている。一応ね。
しかも絞り調節リングなどあらゆるところがスムーズに動くようになった!
掃除したのがやっぱり良かったみたい。

しかし新たな問題が2つ発生。

たまに絞り羽が閉まりきらないで微妙に針の穴くらい開いている時があるのだ。
なんと”ピンホールカメラ機能付き”になってしまった!

それともうひとつ。

シャッター速度”B”が機能しない。つまり、シャッター押している間ずっと開いているモードね。



やっぱりアレが原因なのかなぁ・・・。



ベタなネタじゃないですが、組上がったときになぜか小さなバネが1個余ってたんですよ・・・。マジな話し。


by jptrad | 2003-04-10 11:50 | カメラ
<< 狂言、千葉城、満開の桜。 1958年製不運のカメラ、イコ... >>